胡蝶蘭の管理

2. お花が終わったあとの管理

お花が終わったら


花が全て終わりましたら株元から4 節目の上を切ってください。
針金は硬いので切る際はお気をつけください。温度、湿度、光、水かけなどは花が咲いている時の管理と同じです。

もう1度花を咲かせるためのポイント

基本的に肥料はあげない方が咲きやすいです。
花が1番咲きやすい温度帯は18℃~25℃です。
秋から冬に花芽が出て春に咲く場合が1番多いです。
太陽光(直射日光)はほとんど必要ありません!基本的な生活レベルの光でかまいません。

胡蝶蘭を育て、花を咲かせることは非常に簡単です!
株さえ生き続ければ1年のうちのどこかで必ず花が咲く可能性がありますのであきらめないでください!

胡蝶蘭は、肥料、光などをあまり与え過ぎないほうが長持ち長生きします。

植え替えの手順

基本的にお花が終わった後、1~2年は、そのままの状態(鉢に入れたまま)が良いです。
もし植え替えをされる場合は、ビニールポットから外して、全く釉薬の塗っていない素焼きの鉢に入れて下さい。その際黒くなってしまっている根があれば切って下さい。
水ゴケは株元にたっぷり入れてあげると良いです。

  
※ 水やりはお花の咲いている時期と同様です。


東京洋蘭は新鮮なお花を産地直送・送料無料・立札無料・通常ラッピング無料・お花写真無料・各種お支払手数料無料・請求書払いOK!

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

営業時間: 平日10:00~17:00
(※新型コロナウィルス対策のため営業時間を短縮しております。)
平日昼12時までのご注文は当日出荷可能です。
12時を過ぎますと翌営業日扱いとなります。
土日祝日のご注文は翌営業日扱いとなります。

東京洋蘭からのお知らせ

ページトップへ